申酉天中殺の特徴

誰しも10年ごとに2年間巡ってくる「冬の時期」が天中殺です。この時期に新しいことを始めたり、大きな変化を起こすのはよくないとされています。

ご自分の天中殺を知り、生まれ持った宿命の活かし方や人生における指針が知りたい方は、ぜひ電話占いルーノをご利用下さい。四柱推命・算命学を長年学んでいるプロの先生方が揃っています。

 

<申酉天中殺>

申酉天中殺は過去と家庭が欠ける

生まれ日の干支が「甲戌・乙亥・丙子・丁丑・戊寅・己卯・庚辰・辛巳・壬午・発未」のひとが、この天中殺グループにあたります。

人間の周囲には6つの方向(東西南北と天地)が定められており、そのひとつひとつの方向に時間や人物が割り当てられています。そのうちの1方向が欠ける現象が天中殺です。

天中殺の種類によって、どの方向の、なにが欠けるのかも決まっています。

申酉天中殺の人は、生まれもって「西」の方向が欠落します。西は現実の過去と家庭の場所です。

過去と家庭のフレームがなくなるので、安定ややすらぎを求める気持ちは薄くなり、過ぎたことにもとらわれません。

気は社会と前進を表す東を目指すので、前進力は旺盛になり、仕事社会で実力を発揮するようになります。

 

配偶者や部下に恵まれない分、自分が中心となってリーダーシップを取る

西は配偶者(夫・妻)や補佐役がいるところです。そこが天中殺現象になるので「家庭天中殺」と呼ばれます。

配偶者、補佐役のフレームがないので、配偶者に頼るような家庭を作りにくい(女性の場合)。自分を頼ってくれるような結婚相手を選べない(男性の場合)、という現実になります。

結婚できないということではありません。互いに友達や同志のような夫婦、家庭になります。

生きる目的が違っていたり、共稼ぎ型の夫婦のほうがうまくいきます。のんびりとした家庭的な安住が少ないのですが、それが苦にはなりません。

仕事面では部下や補佐役に恵まれないので、自分が中心となってリーダシップをとるようになります。

人任せにできない、休息の場がない、というような状態でも一人で乗り越えることができます。

常に先祖や両親を意識しています。両親が健在なら同居を考えたり背負うことも考えます。

例え親と性格は合わなくても、親は親として尊び、大家族として暮らすことは苦にはなりません。

また、女性の場合、子供ができないと生家から離れられなくなる可能性もあります。

配偶者ともども自分の生家の支配下に従うような形をとることもあります。

常に生家に従う気分ができるので、婚期が遅れることもあるでしょう。

 

家庭や配偶者との縁がなく、安住、安息もない場合は平和主義者となり、精神性を高めることで本来の自分へと到達できます。

そこでは自分はスターとなって、補佐役にも恵まれず、自分が物事の推進力になっていく(リーダーとなる)。そのような生き方ができたときが一番良好な状態になります。

一方で、家庭という安息を得た人は、攻撃力を持って現実社会へ猛進していきます。

 

他の天中殺との相性

寅卯天中殺(以下天中殺省略)の人は、申酉の人を真正面から受け止めてしまうので、申酉の攻撃力は内側で燃焼することになり、精神の向上は計れないでしょう。

辰巳は前進していく申酉に拍車をかけるので、苦しみの中から精神性を高めることを助長してくれます。

戌亥も同様です。現実的な後押し効果は薄いですが、考えさせたり、発想の転換をする手助けになります。現実苦を助長し、精神を高めてくれるので、その意味では理想的な相手です。

子丑は現実苦の方向転換をしてくれます。ある種のあきらめの精神を与えるようになり、目的や目標を変化させる役割があります。

午未も似たような効果ですが、あきらめの世界ではなく、宗教や思想の世界へと誘いこみます。申酉の本質からは外れやすいのですが、人間的な寛容さと視野の広がりはもたらしてくれます。

この形は現実苦は軽減されますが、精神的な苦労が多くなります。高まる方向がやや違うので、実らない苦労になる危険性もあります。

 

社会志向 申酉天中殺の性格と傾向

申酉の人は才能を仕事社会で活かすためのパワーが与えられています。

また、仕事社会に向かっていったとして、お金に拘泥するような欲得商人にはならないでしょう。

純粋に仕事好きか、能力(才能)を発揮することを喜びとする仕事人間か、そうした人がイメージされます

西の安定・家庭に向かう気がないので、気持ちはいつも外の世界に向かいます。仕事第一人間です。

西には補佐役、配偶者という意味もありますが、そこが欠落するので、人を頼るという気持ちが生まれつき欠落しています。

仕事でも人に任せてのんびり出来ずに、行動も自主的で、なんでも自分でやりたがる前進力があります。休息ができにくいタイプです。

社会での人間関係では気を使い、仕事人間特有の身勝手さはありません。周囲の評判もいいでしょう。

広い人脈を駆使して、さまざまな情報を集めることも得意です。

時代の変化への対応力は見事なものがあります。環境の変化に合わせて、自分や自分の組織を守りぬく力を発揮します。

反面、身内に対してはあまり気を使わなくなります。家庭という安息の場を本能的に求めないので、女性なら結婚しても仕事を続けるようになり、専業主婦は難しいでしょう。

男性なら平日の残業はあたりまえ、土日でも仕事があれば、休日出勤も厭いません。家庭サービスに精を出すタイプではないでしょう。

それでも、欠落しているがゆえに結婚すると、義務的な役割は果たそうとします。自分は望まなくても、仕事のように家族サービスはできます。

両親に対しては、気が合わなくても自分が背負っていこうという考えを持っています。

また、大家族で生活するとか、大勢の中で生活していても、自分らしさを保つことができます。

Pocket

You may also like

4件のコメント

  1. 今年、(2月3日)まで、天中殺で私の場合結構影響を受けているのでこのような情報はとても助かります。ありがとうございます。

    1. コメントをありがとうございます!野口様のお役に立てたのなら幸いです。もうまもなく天中殺が明けますね、お疲れ様でした!
      今後もお役に立てる情報をアップしていければと思っております。

  2. 私も2月3日までで天中殺が明けますが、天中殺中に同棲も結婚も出産もしてしまいました。
    怖くていろんなサイトを回っていましたが、こちらではマイナスのことばかり書いてあるわけではなかったので少し気が軽くなりました。
    ありがとうございます。

    1. コメントをありがとうございます。天中殺だから悪いことが起こるということは決してありません。むしろ天中殺だからこそ思い切ってできる、ということもあります!
      ごん様は天中殺を味方につけられたのでしょうね。おめでとうございます。運気などで気になることがございましたら、ぜひルーノの鑑定をお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です