タロットリーディング一例 友達ができない悩み

こんにちは。電話占いルーノ管理人のYです。

新米占い師として、タロットカードを勉強中です。いちばん初めに買ったのは、もはやいにしえの中学生時代、ミュシャの絵柄を模した大アルカナのみのものでした。今も大事に持ってます笑

世界で最も有名なライダー版を買って本格的に勉強をはじめたのは3年ほど前です。自分自身はもちろん、友人や知り合いのリーディングを繰り返しました。

カードを読む腕はまだまだ未熟で、ネットや本の知識を頼りにしていましたが、それでも驚くほど当たっていて、少し怖くなってしばらく触るのをやめたほどです。

いい結果ならうれしいですが、あまり知識がない状態でよくないカードが出てしまうと、どう対処していいかわからない…というネガティブ思考におちいってしまうので^^;

でも勉強をするうちに、やっぱりタロットの世界はとてもおもしろくて、大なり小なりの悩みにつまづいたとき、明確な(ときには結構厳しい)アドバイスをくれるツールだということを実感しました。

ルーノのお客様を占わせていただくにはもう少し修行が必要なので、また友人や知り合いに協力していただき、許可をもらって公開鑑定を不定期にしていこうかと思っています。

前置きが長くなりましたが、今回は「Dr.アポロのスプレッド」を利用した鑑定を公開します。

日本の西洋占星術界でもっとも有名なおひとりである鏡リュウジ先生監修・現代タロット解釈の世界的権威であるレイチェル・ポラックさん著作の「タロットバイブル 78枚の真の意味」を参考にさせていただきました。

一般的なファイブ・スプレッドとはカードの位置が示す意味が多少異なりますが、このスプレッドが人気なのは「質問に対して何をすべきか」を明確に教えてくれるところです。

dr-aporospread

(1)質問者がすでに知っているが、もっとよく注意して見直してみるべき何か

(2)質問者が認識していないが、学ぶ必要がある何か

(3)質問者が極めて用心するべき何か

(4)状況から引き出すことのできる、有益な、あるいはパワフルな何か

(5)質問に対してとるべきアクション

参考文献:朝日新聞出版「タロットバイブル 78枚の真の意味」

 

記念すべき一回目の相談者は、同僚の女の子Fさんです。

20代前半なので恋愛相談かと思いきや、「友達がいないので、どうすればできるか」という結構切実な悩みを打ち明けられました笑

さっそく出たカードのメッセージを読み取っていきます。

 

(1)質問者がすでに知っているが、もっとよく注意して見直してみるべき何か 

rws_tarot_cups05

「カップの5」です。見るからに悲しいカードですが…

意味は喪失、悲しみ、後悔。配置としては相談者が自覚していることなので、まさに「友達がいないことを悲しんでいる」状態です。しかし、実際にはFさんを気にかけているひとや友達だと思っているひとは身近にいるはずです。Fさんは目先の悪いことにとらわれるのをやめて、すぐ近くの希望に気づかないといけません。

(2)質問者が認識していないが、学ぶ必要がある何か

rws_tarot_swords13

「ソードクイーン」逆位置です。

孤高で知的な女性ですが、逆になると辛辣で孤独になります。穏やかな解釈としては、孤高であることをやめて人と交流する、というものもあります。Fさんへのアドバイスとしては、人に避けられているのではなく、実は自分が人を避けているところがあるので、孤独になりすぎないよう意識したほうがいいということでしょう。

(3)質問者が極めて用心するべき何か

rws_tarot_pents05

「ペンタクル5」です。びっくりするほど悲しい心情があらわになっていますが^^;これがタロットの恐ろしいところです。

絵柄から察せるとおり、貧困や絶望、ネガティブな感情。Fさんは若くて可愛らしいのに、人見知りと真面目さが災いして、割とすぐネガティブ思考になってしまうそうです。しかしタロットは、そういう感情を持たないようにと教えてくれています。

(4)状況から引き出すことのできる、有益な、あるいはパワフルな何か

rws_tarot_cups04

「カップ4」逆位置です。

差し伸べられた手から目をそむけている青年です。好意や機会を無視して、変化を拒絶しています。

しかし今回は逆なので、新しい機会や関係や好意を受け入れようと思っています。心の傷の痛みに溺れて目をそむけていた希望を、これからは意識できるようになるでしょう。

(5)質問に対してとるべきアクション

rws_tarot_pents07

「ペンタクル7」逆位置です。

本来は、「少しひとやすみして、これまでの努力の成果を確認する」とか、あるいは「収穫が思っていたものと違って不満に思う」など、リーディングの内容によって解釈が多彩になるカードです。

逆なので、今回の解釈としては、「過去の歩みはどうであれ、気にせず作業を再開し、新たな気持ちで取り組むといい」といったところでしょうか。

「Fさんはネガティブな思い込みをなくし、いつも明るい気持ちで、周囲のひとたちの好意を受け入れていけば、きっと新しい人間関係を作って友達もできます」という前向きな結果となりました。

Fさんもこのリーディングに納得して、参考になったと言ってくれました。

このような感じで公開鑑定をしていきたいと思います。

プロの本格的なタロットリーディングを体験してみたい方は、ぜひ電話占いルーノの鑑定師にお電話してみてください。

 

Pocket

Continue Reading