八方除お守り

おはようございます。電話占いルーノの管理人Yです。

先週土曜日に、近所の神社へお参りに行ってきました。暑くもなく寒くもないこの時期が外出するのにいちばんいいですね。今年は異常気象が続いて、秋を通り越してまもなく冬になってしまいそうですが…。

その神社にてふと目にした張り紙に、「二黒土星の方は、2016年は八方除守りを身に着けて下さい」ということが書かれていました。私はまさに二黒土星。気学は専門外なので、なんとなく知っているくらいですが、調べてみると、

  • 本年(2016年)は本命星である『二黒土星』が中央の中宮(静観宮)に入り、過去の生き方、即ち、努力や行動の結果が評価され結論づけられる年です。
  • 目標に向かって汗を流し努力してきた人にとっては喜びに、反対に努力の足らなかった人には厳しい現実を受け止めなければならない運命が待っています。
  • 俗に『八方塞がり』の年とも言われ、良い事と悪い事の両極端の現象が現れる、精神上での変化変動が生じやすい年です。
  • 常に気を引き締めて足元を固め、現状を正しく見る冷静さと用心深さこそ大切な年です。

八方塞がり…この単語だけ見るとなかなか強烈です笑。

算命学的にも今年の私は「仕事で新しい道が拓ける。プライベートで大きな変化がある。我欲を出しすぎると足止めを食らう。流れにまかせて受け身で淡々と物事をこなす時」です。たしかに今年は、自分の意志が絡まない流れ的にはとてもいいことが多くて、自分の意志でああしたいこうしたいと思ってやったことはよくつまづきました。わかっていてもなかなか欲を抑えられない未熟さを省みて努力する年です(-_-;)

気学でも算命学でも、年の初めは元旦ではなく、旧暦で見るので2月4日からになります。

なので八方塞がりな年はあと三ヶ月ちょっと続く…ので、「八方除けお守り」を購入させていただくことに。赤い千代紙を貼った八角形のモチーフと鈴がついている可愛いお守りです。

ついでにおみくじを引くと、大吉でした!

運気はいろいろと後押ししてくれているので、つまづいてもくさらずに、がんばっていきたいと思います。

みなさまもご自分の年運を知れば、その一年をどう過ごすのが最良かわかります!電話占いルーノの鑑定師にぜひご相談下さい。

Pocket

Continue Reading