タロットカードの意味 10.運命の輪

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

10.運命の輪 The Wheel of Fortune

【キーワード】

  • 運命
  • ターニングポイント
  • 動き
  • カルマ

22枚ある大アルカナの、前半の最後に位置する十番目のカードは、まさにこれまでの物語が新しいステージへ変化していく分岐点を表しているかのようです。

これまでは、ひとりの人間をメインモチーフに、人間的な感情を主体とした流れでしたが、このカードから先は、ほとんどのモチーフが天使や神や悪魔、そして宇宙という人知を超えた象徴へと変化していきます。

運命の輪のカードの特徴は、大アルカナの中でも絵柄に人間の姿が描かれていないところです。このことは、このカードのテーマの核心が人間の領域を超えていることを意味しています。
左側の蛇は死と破壊をつかさどるエジプトの神セト、右下には死者の魂を再生するアヌビス神、そして車輪の上部には知恵の神スフィンクスがいます。
四隅の雲の上にいるのは、聖書に登場する四人の伝道者であったり、黄道十二宮における不動宮の象徴であったり、四大元素を具現化した獣だとも言われています。

すべての人の運命は、その人の一生を表す織物の中にあらかじめ編み込まれている、ということをこのカードは示しています。

通常、タロットカードは、各々の人にその都度、人生の道筋を、みずから定めるように気づきをもたらしてくれますが、しかし時には、それよりももっとも大きな、変えることのできない運命のサイクルを教えてくれることがあります。人生の中で訪れるチャンスが、たまたま思いがけない偶然によってもたらされたものに見えたとしても、それはあらかじめ定められた運命の大きなプランの一部でもある、というのがこのカードが示すテーマなのです。

リーディングの中で運命の輪のカードは、自分を超えた大きな力と共にやってくるヴィジョンや悟りを表しています。もしあなたが何か問題を抱え、困難な状況に置かれているなら、一歩下がり、改めてより大きな視野ですべてを見渡すことが必要です。そうすれば答えが見つかるでしょう。

またこのカードは、予期せぬ出会いや運命の意外な進展も象徴しています。突然やってくる出来事は予測不可能であり、あなたが知り得ることは、ただ現在物事が変化している、ということのみです。それを自分の力で止めることはできません。抗いがたい大きな竜巻に巻き込まれているようなもので、どこにたどり着くかは身を委ねて待つしか無いということです。

 

【正位置の主な意味】

  • 運命のめぐり合わせを受け入れる
  • 与えられたチャンスを活かす
  • 転換する・違う方向へ動く
  • 物事の変化に驚かされる
  • 良い方向への変化
  • 人生がスピードアップしていると感じる
  • 見通しが広がる
  • 自分の役割と目的を知る
  • 隠されたことがやがて明らかになる

【逆位置の主な意味】

  • 悪い方向への変化
  • 行き詰まる・袋小路
  • 休息
  • 変化しない・変化を拒む
  • 動きがない
  • 予測やコントロールが出来ない
  • (可能性として)ギャンブルに関する問題
Pocket

Continue Reading