タロットカードの意味 13.死神

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

13.死神 Death

【キーワード】

  • 終結
  • 移り変わり
  • 除去
  • 容赦のない力

王の死体を足蹴にする白馬にまたがり、漆黒の甲冑を身にまとった骸骨の騎士。聖職者は祈りを捧げ、純朴な子どもさえ膝をついてうなだれている。ここまで絶望的な状況を描くこのカードを初めて目にした時、または初めてのリーディングでこのカードが出てきた時に、不安や恐怖を感じなかった人はいるのでしょうか? 

13という数字もまた、西洋ではもっとも不吉な数字とされていますが、この恐ろしげなカードにその数字が割り当てられているのははたして偶然でしょうか。

「死」はたしかに強大な力です。そしてどんな人間にも例外なく訪れる魂の終焉です。死は存在の消滅であるがゆえに、誰もが死を恐れます。

しかしタロットの世界においては、死とは完全な終わりなのではなく、新しい状態に移り変わることを意味しています。東洋の輪廻転生に通じるものがあります。

形が失われたとしても、命はその本質において永遠のものです。新しいものを生み出すために古いものは「死」ななければならないのです。

当然ながらこのカードは実際の肉体的な死とはまったく関係がありません。チープなイメージの占い師が意味ありげに「死神」のカードを掲げて不幸や惨死を暗示させるのはコメディであり、そのようにこのカードを見なすのは、あまりにもこのカードの持つより広い意味を狭めてしまうことになります。信頼できる鑑定師なら、決してそのように解釈しないでしょう。

リーディングにおいてこのカードは、大きな変化の始まりとなる重要な終わりをしばしば意味します。それはひとつの時代が幕を閉じる瞬間のシグナルです。そんなとき、悲しみや変化に対する不安や抵抗感だけでなく、安堵や達成感を覚えることもあるでしょう。

またこのカードは、物事のもっとも根源的なものに目を向けることも示唆しています。死にゆくことが、本当に重要なことへと、あなたの気持ちを向けさせるということもありえます。そのときこのカードは、あなたに不必要なものを切り捨てるべきだということを気づかせてくれるのです。

ただしこのカードが、最初に与える衝撃どおりに、容赦のない冷酷な力をあなたに思い知らせることもあります。人間にとって死は避けられないことであるのと同様に、逃れられない何かの出来事を示しています。そんな時は、みずからの宿命に従い、自分が連れて行かれる場所をしっかりと見据えることこそが、最善のアプローチとなるはずです。

 

【正位置の主な意味】

  • 次へ行くために何かを終わらせる
  • 行き詰った仕事を未完成で終わりにする
  • 過去に背を向ける
  • 状況が変化する
  • 不必要なものを切り捨てる
  • 古い考えを水に流す
  • 基本に立ち戻る
  • 逃れられない状態にとらわれる
  • 避けることの出来ないことを経験する
  • 宿命に従う
  • 問題を正直に見つめる

【逆位置の主な意味】

  • 変化を恐れる
  • 再出発
  • 復活
  • 仕切り直し
Pocket

Continue Reading