タロットカードの意味 21.世界

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

21.世界 The World

【キーワード】

  • 統合
  • 完成
  • 関わり合い
  • 達成

大アルカナ最後のカードは、そこに存在するにふさわしい「完成」という意味を持ちます。もっとも優美でもっとも輝かしいカードです。

女神ヴィーナスを連想させる女性は、勝利のシンボルとして多用されるリースで囲まれています。リースの上下には、無限大∞(レムニスケート)の形に赤いサッシュが結ばれています。結果は常に無限であるという象徴のように思えます。

カードの四隅に描かれているのは運命の輪と同じく象徴的な像ですが、このカードにおいてはより現実的に完成度が高くなっています。これらの像は占星術における4つの不動宮、並びにひとつの四季を表しているとされています。牡牛は牡牛座(春)、ライオンは獅子座(夏)、鷲は蠍座(秋)、そして人間は水瓶座(冬)です。

日常においてふと自分がとても満たされていると感じることは、誰しも多かれ少なかれ身に覚えがあるでしょう。それはいつでもどこでも起こり得ることであり、非常に喜ばしいことです。それはどこからやってくるものなのか、それを示してくれるのが世界のカードです。

幸せのもっとも大きな要素は、全体がひとつであるということ、すなわちすべてのものが調和のもとにあるという感覚です。ただしそれは静的で固定された状態ではなく、動的な状態での調和です。

幸せを感じるためには、私たちはまず自分を取り囲んでいるものとの間につながりを感じなくてはなりません。また、目標を持ち、それに向かってうまく進んでいることからくる充足感も必要です。これらの要素が組み合わさった時、私たちは満たされ、世界から祝福されているように感じるのです。このカードが示しているのは、まさにそのような状態であり、また、それに向かっている状態であるということです。

リーディングの中で世界のカードは、自分が心の底から求めていることを実現する状況にいる、というとてもポジティブなサインです。それが具体的に何なのかはその人の状況によりますが、たとえ現在困難な状況にあってあきらめそうになっていたとしても、最後には美しい完成が待っていることを期待して下さい。

ただし忘れてはいけないのは、このカードは他者への積極的な貢献と奉仕のシンボルであるということです。幸福や成功を手にするためには、まずは自分勝手を改め、自分自身を他者へと明け渡さなくてはなりません。それこそが本当の幸せの根源にあるものです。

 

【正位置の主な意味】

  • 全てがひとつであると感じる
  • 共同で行う
  • 現状を打破する
  • 動的な調和を実現する
  • 結びつける・結びつく
  • ゴールに到達する
  • 心からの望みを実現する
  • 夢が叶う
  • 貢献する
  • 天賦の才能を活かす
  • 他者に心を開く
  • 人生の喜びを味わう
  • 満足感を得る
  • 祝福を感じる

【逆位置の主な意味】

  • 失敗というよりは、停滞または遅延
  • 孤立
  • 無関心
  • 後退する
  • 統一性の欠如
Pocket

Continue Reading

タロットカードの意味 20.審判

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

20.審判 Judgement

【キーワード】

  • 審判
  • 復活
  • 家族または集団の幸福
  • 癒やし

絵柄の原点は聖書の「最後の審判」です。天使ガブリエルがラッパを吹いて人々を天国へ導きますが、信心のない大多数は地獄の業火と槍の山へ落とされるという恐ろしげなお説教が、キリスト教信者の記憶には焼き付いているそうです。

日曜学校の教師たちは「ほんの一握りの聖人だけが天国に行ける」と説いているようですが、はたしてどのような人間であれば自分を聖人だと確信できるのでしょうか。審判のカードに描かれた死者たちは、棺から復活した驚きと喜びを感じています。ここでは誰も選定されてなどいません。ここで起こっていることは大いなる変化を示しています。

リーディングにおいてこのカードは、決断の必要性があることの合図です。しかもそれはほとんどの場合あなた自身が決めなくてはならないことのようです。

まず問題を注意深く検討してみて下さい。そのとき余計な判断は入れず、あるがまま見つめることが大事です。もしあなたが自分自身の行いに対して判断を下すような場合は、結果でなくこれまでのプロセスから学ぶものを見つけて下さい。そして自分の価値観を見失わず、大事なものを選び取り、正すべきことは正すようにしてください。

一方でこのカードは、救済されるという実感も示しています。天使に呼びかけられた時、まさしくあなたはすべての罪と重荷を手放し生まれ変わるのです。過去とその失敗は過ぎ去り、あなたは新しい準備を始められます。

もしあなたが元気をなくしたりストレスで苦しんでいたりして、希望や解放を求めているのなら、審判のカードはまさに復活のときが近づいていることを教えてくれています。

 

【正位置の主な意味】

  • 正直な評価をする
  • 障害から解放される
  • 難しい選択をする
  • 可能性が目覚める
  • 新しい人間関係のスタート
  • 新たな希望をつかむ
  • 自分の使命に気づく
  • 重要なことを決断する
  • 浄化される
  • 過去の失敗を償う
  • 重荷を下ろす
  • 罪が洗い流される
  • 再スタート
  • 家族または集団のお祝い

【逆位置の主な意味】

  • 死・終わり
  • 後悔・失敗
  • 罪の意識
  • 咎め
  • 変化を恐れている
  • 疑心暗鬼
Pocket

Continue Reading

タロットカードの意味 19.太陽

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

19.太陽 The Sun

【キーワード】

  • 明瞭さ
  • 幸福
  • 生命力
  • 確信

月の下ではすべてが不明瞭になり不安を抱かせますが、太陽が昇るとそれまでの恐ろしい幻想は取るに足らないものだったとわかります。照明をつければ暗い部屋の隅々までがはっきりと照らされ確認できるように、心に光を灯したとき、私たちはこれまで見えなかったこと、知らなかったことを教えられ、真実が明らかとなり理解が訪れます。

いずれにせよ光のエネルギーは、視野を広げると同時に、私たちに輝きをもたらしてくれるものです。

古代の人々は太陽を信仰していました。様々な文化の神話の中で、太陽は力強さと勇気に満ちた偉大な神として語られています。そして太陽は、地上の生命を誕生させることを可能にした、生命エネルギーそのものであります。

タロットの中の「太陽」のカードも、活力と輝きを表しています。そういった意味でこのカードは決して内気でおとなしいイメージは持ちません。

描かれている笑顔の子どもは無邪気さと、これ以上はない宝物の象徴です。また、によって狼に変容し惑った愚者が、太陽に祝福されて無垢に生まれ変わったことを示しているかのようです。子どもが髪につけている羽飾りと、愚者の帽子の飾りは同じものです。愚者に従っていた白い犬もまた、立派な白馬が真実の姿だったのかもしれません。

リーディングにおいてこのカードが出たとき、あなたの着手したことすべてに、最終的な成功の可能性が示されていると思って下さい。太陽のカードはまさに今、自分を光り輝かせるときがやって来たことを告げているのです。

 

【正位置の主な意味】

  • 理解する
  • 問題の核心をつく
  • 真実に気づく
  • 注目され抜きん出る
  • 栄光の瞬間がやってくる
  • 輝きを増す
  • 喜びを実感する
  • 力がみなぎる・健康になる
  • 自由と解放を感じる
  • 自信を持てる
  • 自分の価値・能力を信じる
  • 無邪気さ
  • 幸福

【逆位置の主な意味】

  • 基本的には正位置と同じ意味で少し程度が小さくなる
  • 疲労する
  • 自信をなくす
  • 憂鬱
  • 衰退する
  • 問題が見えにくくなる
Pocket

Continue Reading

タロットカードの意味 18.月

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

18.月 The Moon

【キーワード】

  • 恐れ
  • 幻影
  • 想像力
  • 迷い

普段何気なく生活しているあなたは、よく見慣れた光景が見えていて、一度目を閉じまた開いて見ても、当然同じ光景がそこにあると確信できるでしょう。その一方で、ある時不意に、慣れ親しんでいたはずの光景が失われ、なんともとらえどころのない世界へ変化してしまうような体験をしたことはないでしょうか? 想像してみただけでも、それはぼんやりとした悪夢めいていて不安を感じさせます。「月」のカードが表しているのは、そんな不安定な世界の体験です。

通常の我々はほとんどの時間を、安心できる環境で過ごしています。それは逆に考えると、安心できる環境の外にある神秘的な世界に背をむけていることを意味します。

とはいえ時々、そのような不思議な世界を想像力で見つめたり、あるいはドラッグや狂気や何らかの衝動的な体験を通して、いきなり日常の外へ連れ出されることもあります。月に愛される、という言葉には、発狂するという意味もあります。

このカードは暗がりと夜の世界の中の光を示します。その大きな光を見上げているのは犬と狼とザリガニです。

22枚の大アルカナは、0番目に登場した「愚者」の長い旅の記録だとも言われています。月の魔力によって、青年は狼に変えられ、彼の旅の供だった犬も不安げに月を見ている、というようなストーリーにもとれます。それではザリガニは何なのかと言うと、このタロットを創造したウェイト曰く「猛獣よりも低きもの」だそうです。これではまだ謎ですね。要するに、人間の持つ恐れや本能といった、脳のもっとも原始的な部分の象徴だと言われています。月には人間の根源的な部分を揺さぶるような力があるのでしょう。

リーディングにおいてこのカードは、もっとも暗い夜に訪れる不安、幻影を表すこともあるので、たいてい恐れられます。ですが、月の示す不可解な恐ろしい世界を怖がることはありません。ふさわしい状況において、このカードはあなたを魅了し、奮い立たせます。そしてあなたの想像するすべてのことが、実現できることを約束してくれます。あなたを未知の世界へ導き、人生に通常とは異なる何かをもたらします。

しかし、月がどれほど明るく照らしていても、人は夜道をかんたんに見失います。そのように、あなたを迷いへ導くものがいたり、あてもなくさまようようなことになると示すこともあります。そんなときは、改めて自分の目的を明確にし、本来の道へと引き返す努力をしなければなりません。

 

【正位置の主な意味】

  • 内なる悪意が解き放たれる
  • 漠然と不安を感じる
  • 恐怖に苦しむ
  • 誤った状況を受け入れてしまう
  • 自分自身を騙す
  • 空想を追いかける
  • 謎・創造
  • ファンタジーに心を開く
  • スピリチュアル
  • 狂気
  • 普通ではない考えを抱く
  • 風変わり・奇妙
  • 方向性を目的を見失う
  • 混乱する・取り乱す
  • あてもなくさ迷う

【逆位置の主な意味】

  • 穏やかになる
  • 確信する
  • 啓蒙
  • 衰退する
  • 気分の揺れ・落ち込み
  • (太陽やワンドなどの明るいイメージのカードが共に出てきたら)月の時間が終わり、人生が明るくなる
Pocket

Continue Reading

タロットカードの意味 17.星

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

17.星 The Star

【キーワード】

  • 希望
  • インスピレーション
  • 惜しみなく与える
  • 平穏

すべてが崩壊したのあとにやってくるのは、きらめく希望を表す「星」のカードです。

悲しみと失望に苦しんでいる時にこのカードが出たなら、それはもっとも歓迎すべきことです。どんな辛いときでも、希望は潰えることなく、暗いトンネルの終わりには必ず光が見えてくるのだということを思い出して下さい。

星のカードは、未来への希望を奪う悪魔のカードとは正反対です。どんなことがあっても、最後には心の安らぎを見つけることができることを約束してくれています。

またこのカードは、心を開き、恐れや疑いを手放すことを教えてくれています。そして、あなたが所有しているものがなんであれ、それを他者へと惜しみなく与えるべきときがやって来たことをも示しています。

星はインスピレーションと希望を与えてくれますが、現実的な解決策や最終的な答えを用意してくれるカードではないということも忘れないでください。希望なくして何ごとも成し遂げることはできませんが、希望とはただのはじまりやきっかけに過ぎません。

リーディングで星のカードが出たら、自分は正しい道のりにいるのだと思って間違いありません。あなたの願いやゴールは祝福されています。必要なのは、そのことに気づき、ポジティブな行動を起こすことなのです。またたく星の光が、あなたの進むべき道を照らしてくれています。

【正位置の主な意味】

  • 未来を信じる
  • 祝福を感じる
  • オープンな心
  • スターになる
  • トンネルの終わりに光が見える
  • やる気を取り戻す
  • 答えを受けとる
  • インスピレーションを得る・創造する
  • 与え、分かち合うことを求める
  • 無条件で与える
  • リラックスする
  • 理想的な落ち着きを経験する

【逆位置の主な意味】

  • 絶望・不信
  • カオス
  • 内気になる
  • 邪魔される・悩まされる
  • 感情を抑制する
Pocket

Continue Reading

タロットカードの意味 16.塔

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

16.塔 The Tower

【キーワード】

  • 突然の変化
  • 崩壊
  • 転落
  • 啓示

塔のカードは、78枚あるカードの中でもっとも恐れられていると言っても過言ではないでしょう。実際にこのカードが出てきた時には心がかき乱されます。

描かれているのは一説にはバベルの塔だとされていますが、バベルの塔は実際には神の怒りを象徴する雷によって破壊されたという事実はありません。このカードはその絵柄通りに予期できない唐突な破壊や、それに伴う変化を表しています。

突然のドラマチックな変化、あるいは運命の逆転は、変化を嫌う人には歓迎されないものです。通常の日々の変化は、ゆっくりと順応する時間を与えてくれるものですが、塔のカードは容赦のない突発的な大変化をもたらします。それはたいていの場合、望むと望まないとに関わらず痛みや不安を伴うものになるでしょう。

なんとなくフラフラと生きて、言い訳がましいことばかり言う人物に対して、平手打ちを食らわせることがあります。相手をその停滞から抜け出させるために、他の方法を試してみたとしても、最後にはぴしゃりと鋭い傷みを与えるしかなくなります。それと同じように、突然の危機の訪れは、人生があなたの目を覚まさせようとするひとつの方法なのです。

プライドが高すぎて間違っていることを修正できない。あるいは何らかの理由で激しい怒りを抑えているけれど、やがては爆発することになりそう。または、決まりきった生き方に囚われている--だとしたら、それらを覆すような驚くべき変化が訪れるかもしれません。

このカードが示すのは、時には不快な経験を伴う形で、あらゆることを完全に変えてしまうような変化です。あなたはそんな事態になったらどう対応するでしょう?

ここで大事なことは、変わる必要性があったからこそ、その崩壊が起こったのだということを認めることです。

とはいえ、好ましくない変化を喜んで受け入れるのは相当難しいでしょう。ただし大事なのは、その変化の中に含まれるポジティブな要素を見つけることです。

最終的にあなたが方向性の変化を強いられたとしても、実際には、それが大きな開放感へとつながっていくかもしれません。あるいは自分が置かれている状況を深く理解し、新たなレベルへと到達することになるかもしれません。

 

【正位置の主な意味】

  • 大変化を体験する
  • 計画が中断する
  • 危機が訪れる
  • 感情を爆発させる
  • すべてを解き放つ
  • 高慢さがくじかれる
  • 崩壊する
  • 運命が下降する
  • 隠されていたものが暴かれる
  • 答えを得る
  • (争いの末に)プレッシャーからの解放

【逆位置の主な意味】

  • 基本的には、正位置より少し軽減されるが意味は変わらない
  • コントロールする
  • 抑制する
  • 静寂
  • 平和
Pocket

Continue Reading

タロットカードの意味 15.悪魔

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

15.悪魔 The Devil

【キーワード】

  • 束縛
  • 物質主義
  • 無知
  • 希望のなさ

節制」の天使は大天使ミカエルであり、彼によって地獄へ落とされたルシファーがこのカードのモチーフであるという説もあり、ここに描かれているのはバフォメットであるという説もありますが、いずれにせよ「悪魔」は、大いなる悪や望ましくないことのシンボルです。

我々は世界から悪が消え、善のみが残ってほしいと願うものですが、光があるところに必ず影ができるように、善と悪を完全に分離してしまおうとすることは不可能なことです。このカードはわたしたちが時によっては光を見失い、真実が見えないという錯覚によって悪へと結びつく可能性を示しています。

第一に過ちは、無知からやってきます。そもそも真実や正しいことを知らないゆえに悪を行使することです。第二の過ちは、物質主義に囚われ、形あるもの以外に信じないことです。

悪魔のかたわらにいる男女は鎖で囚われていますが、その拘束は緩く、あってないようなものです。しかしふたりはそれを知らずに束縛されていると思い込んでいるのかもしれません。もしくはその状態でいても支障はなく、むしろ気楽なために知らないふりをしているのかもしれません。このカードは性的な堕落という側面も持っています。しかしどれほど堕落したとしても、その鎖を断ち切って自由を手に入れることは自分次第でいつでも可能なのです。

伝統的に悪魔のカードは、悪を象徴するものとは言え、リーディングにおいてはそれほど猟奇的な恐ろしい結果を意味するものではありません。

むしろこのカードは、不健全で、非生産的な状況に陥ってしまっていることをあなたに教えてくれます。もしかするとあなたは暗闇の中にいて、真実から目をそむけ、自分にとってよくないことだとわかっている(自分ではわからない場合もある)人間関係、考え、物質、行動に囚われてしまっているのかもしれません。

このカードはしばしば、自分自身や将来を疑ってかかるネガティブな考え方を映し出していることもあるでしょう。

また、人生においてどうしても過ちをおかしてしまうことはあります。このカードは、その過ちへ注意を向けなくてはならない状況であることを知らせてくれます。

このカードが出てきたら、自分が当然だと思いこんでいる事柄に関して注意深く見直してみる必要があります。そして間違った見方をしていないか、あるいはよくない状況に陥っていないか確認してみて下さい。

 

【正位置の主な意味】

  • 束縛
  • ストーカー
  • 好ましくない人間関係
  • 乱痴気騒ぎ・性的堕落
  • 自立心を失う
  • コントロールされる
  • 中毒となる
  • 物質的なものだけを信じる
  • 知らないままでいる
  • うわべにだまされる
  • 最悪な状態だと思い込む
  • 絶望する
  • ネガティブに考える
  • 信仰の欠如

【逆位置の主な意味】

  • 解放・自由な選択ができる
  • 幻想を見破る
  • 真面目に責任を持つ
  • 信頼する
  • 希望
  • 無実
  • 祝福
Pocket

Continue Reading

タロットカードの意味 14.節制

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

14.節制 Temperance

【キーワード】

  • 節制
  • バランス
  • 健康
  • 結合

常に落ち着いていて、多くを語らず、ゆったりと物事に取り組む人や、極端な行動に走ることなく、偏らず、変わらないことを重んじる人たちの存在は、周囲の人を安心させてくれるものです。節制のカードは、そんな穏やかなエネルギーを表しています。

穏やかであるためには、節度と自制心が求められます。あらゆる種類の誘惑に囚われないよう、心の調和を維持する努力も必要とされます。それは賢明ではあるけれど、ちょっと退屈な状態に思われるかもしれません。しかしその中心にあるのは、台風の目のような穏やかさであり、辺り一面の騒動を超えた先にある均衡です。

リーディングにおいて節制のカードは、例えばナイトのような過激なカードが一緒に現れた時には、特に節度が必要であることを示しています。

また、様々な状況においてバランスが重要であることも意味します。

「落ち着かせる(temper)」というのは、ラテン語の「混ぜ合わせる」を語源とします。つまり新しい要素を混ぜ合わせることによって、対立する要素を理想的な状態に落ち着かせることができるのです。カードに描かれた天使は、両手に持った杯の水の量を同じバランスに保とうとしているという解釈もできますが、異なる液体を混ぜ合わせて新しい物を生み出しているということも考えられます。

一説には杯の液体は酒であり、節度を守った飲酒をするようにというリーディングになることもあります。

天使は片足を水につけ、もう片方は大地を踏みしめています。このことから、異なる世界の中庸に存在していることを表しています。

そしてこのカードは、肉体、精神、感情のすべての面における健康を表します。したがって、体調不良や病気が気になるときも、このカードは生命力と健康を約束してくれます。

 

【正位置の主な意味】

  • 中立・中間の立場
  • 節度を示す
  • 極端なことをしない
  • 調和の中にいる
  • 正反対のものを共に取り入れる
  • 健康に恵まれる
  • 回復する
  • 他者と結びつく
  • 合併する
  • すべてのものをひとつにする
  • 酒を控える

【逆位置の主な意味】

  • 極端に走る
  • バラバラになる
  • 不一致・バランスが悪い
  • 耽溺する
  • 不健康
  • 感情的になる
  • 浪費する
Pocket

Continue Reading

タロットカードの意味 13.死神

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

13.死神 Death

【キーワード】

  • 終結
  • 移り変わり
  • 除去
  • 容赦のない力

王の死体を足蹴にする白馬にまたがり、漆黒の甲冑を身にまとった骸骨の騎士。聖職者は祈りを捧げ、純朴な子どもさえ膝をついてうなだれている。ここまで絶望的な状況を描くこのカードを初めて目にした時、または初めてのリーディングでこのカードが出てきた時に、不安や恐怖を感じなかった人はいるのでしょうか? 

13という数字もまた、西洋ではもっとも不吉な数字とされていますが、この恐ろしげなカードにその数字が割り当てられているのははたして偶然でしょうか。

「死」はたしかに強大な力です。そしてどんな人間にも例外なく訪れる魂の終焉です。死は存在の消滅であるがゆえに、誰もが死を恐れます。

しかしタロットの世界においては、死とは完全な終わりなのではなく、新しい状態に移り変わることを意味しています。東洋の輪廻転生に通じるものがあります。

形が失われたとしても、命はその本質において永遠のものです。新しいものを生み出すために古いものは「死」ななければならないのです。

当然ながらこのカードは実際の肉体的な死とはまったく関係がありません。チープなイメージの占い師が意味ありげに「死神」のカードを掲げて不幸や惨死を暗示させるのはコメディであり、そのようにこのカードを見なすのは、あまりにもこのカードの持つより広い意味を狭めてしまうことになります。信頼できる鑑定師なら、決してそのように解釈しないでしょう。

リーディングにおいてこのカードは、大きな変化の始まりとなる重要な終わりをしばしば意味します。それはひとつの時代が幕を閉じる瞬間のシグナルです。そんなとき、悲しみや変化に対する不安や抵抗感だけでなく、安堵や達成感を覚えることもあるでしょう。

またこのカードは、物事のもっとも根源的なものに目を向けることも示唆しています。死にゆくことが、本当に重要なことへと、あなたの気持ちを向けさせるということもありえます。そのときこのカードは、あなたに不必要なものを切り捨てるべきだということを気づかせてくれるのです。

ただしこのカードが、最初に与える衝撃どおりに、容赦のない冷酷な力をあなたに思い知らせることもあります。人間にとって死は避けられないことであるのと同様に、逃れられない何かの出来事を示しています。そんな時は、みずからの宿命に従い、自分が連れて行かれる場所をしっかりと見据えることこそが、最善のアプローチとなるはずです。

 

【正位置の主な意味】

  • 次へ行くために何かを終わらせる
  • 行き詰った仕事を未完成で終わりにする
  • 過去に背を向ける
  • 状況が変化する
  • 不必要なものを切り捨てる
  • 古い考えを水に流す
  • 基本に立ち戻る
  • 逃れられない状態にとらわれる
  • 避けることの出来ないことを経験する
  • 宿命に従う
  • 問題を正直に見つめる

【逆位置の主な意味】

  • 変化を恐れる
  • 再出発
  • 復活
  • 仕切り直し
Pocket

Continue Reading

タロットカードの意味 12.吊るされた男

78枚あるタロットカードのひとつひとつが持つ意味を解説しています。

 

12.吊るされた男 The Hanged Man

【キーワード】

  • 自己犠牲
  • 手放す
  • 一時中止
  • 逆転

このカードは、超常的なモチーフが多用されているタロットの中でも、ある種もっとも謎が多いカードだと言われています。

庶民的な格好をした男性がどういうわけか木に吊るされているという、一見シンプルでありながらも不可解で複雑な要素からなり、興味深いものでありながら、容易な理解を阻む難しさがあります。

古いタロットデッキの中には、印刷ミスで数字が上下逆さまになったまま流通したものもあるようですが、このカードの人物が逆さまなのは、それが必要であるからです。

彼は罪人故に吊るされて晒し者にされているのでしょうか? 多くの人ははじめにそう誤解して、このカードがネガティブな意味(身動きが取れない、傷みをともなう犠牲、罪や裏切り)を持つものだと思います。

しかし、描かれている青年の顔は光り輝き、罪悪感からの苦悶どころか、満足げな微笑みを浮かべています。彼はみずからの意志で吊るされていることがわかります。それは無理強いされた犠牲ではなく、神々しい信念のもとに行われる献身なのかもしれません。

吊るされた男のカードで学ぶべき大事なことは、物事を手放すことでコントロールし、明け渡すことで獲得するという、一見矛盾しているようでありながら、コップを空にしなければ飲み物を注げないというような、この世のもっとも普遍的な摂理です。

また、その場に留まることで前に進むこと、一時停止することでこの宇宙のすべての時を知ることができる、ということをこのカードは告げています。

リーディングの中で吊るされた男のカードは、「もっとも明白であると思えることが、常に問題解決の最善の糸口とは限らない」ということを気が付かせてくれます。自分の意志を押し通したいと強く求めている時こそ、その思いを手放してみること。自分のやり方を貫きたいと強く願う時こそ、その思いを捨てるべきであること。そして行動を起こしたいというもっとも強い思いに駆られる時こそ、待つべき時であるのです。

意外なことに、その時の望みとは正反対の動きをすることで、探し求めているものは見つかるということをこのカードは教えてくれます。

 

【正位置の主な意味】

  • あるがままを受け入れる
  • 成り行きに任せる
  • 防御をやめて心を開く
  • 神の意志を受け入れる
  • 世界の見方を反転させる・価値観を変える
  • じっとしている
  • ベストな好機を待つ
  • 殉教者になる
  • 二歩進むために一步下がる
  • 他者を優先する

【逆位置の主な意味】

  • 行動する
  • 自己主張する
  • 挑発的・反抗的
  • 苦心して行う
  • 自分についてのことを他人から影響されすぎる
Pocket

Continue Reading